ちょっとまって!その在宅ワークの求人、応募しても本当に大丈夫?

悩む女性 在宅で働きたい方向け

在宅ワークを探す人が増えている!

新型コロナウィルスの感染拡大により、緊急事態宣言が出されました。それに伴い、海外のように、強制力のあるものではありませんが、休業または、営業時間の短縮も要請されているため、多くのパートタイマーの方が、仕事を失ったり、大幅な減収になっています。

これまで以上に在宅ワークの求人が注目されるようになりましたが、そうした人たちを狙ったと思われる怪しげな求人も…。特に、クラウドソーシングサイトや無料で利用できる求人サイトでは、見分けるのは難しいものです。

なかには、いくつか単発の案件をこなし、”さあ、本格的に始めよう!”という人がつい惹かれてしまうような内容の求人もあります。どうすれば、安全な求人にみつけることができるのでしょうか。

エブリマでは、以前からお伝えしていることではありますが、改めて確認してみたいと思います。

クラウドソーシングサイトでの求人の見方◎

新型コロナウィルスの影響で在宅ワークを探している人は、事態が収束し、これまでの生活を取り戻せるようになったら、在宅ワークを辞めて、それまでのパートに戻ったり、新たにパートを探そうと思っているのではないでしょうか。

そうした方々は、企業が直接募集している在宅ワークよりも、クラウドソーシングサイトでお仕事を探されるのでは?と思います。そこで、ここでは、クラウドソーシングサイドで、安全な求人を探す基本のポイントを確認しましょう。

本人確認の取れている依頼主か

クラウドソーシングサイトでは、仕事を探す側もそうですが、仕事を依頼する側も本人確認を行います。これは、支払いなどのトラブルを防ぐためです。この手続きが終わっていなくても仕事の依頼ができるサイトもあるのですが、仕事を依頼する側でありながら、簡単にできる本人確認をしていないような企業(人)は、信用できるとはいいがたいと思います。

外部サイトに個人情報を登録させようとしないか

クラウドソーシングサイトを使うメリットは、

  • 個人情報を個別に教える必要がない
  • サイト内で依頼から支払いまでを完結させることでトラブルを防げる

この2つが大きいと思います。それにも関わらず、自分が運営していにるサイトなどに別途登録させるという行為はルール違反です(クラウドソーシングサイトによっては明確に禁止事項)。

”CMSで記事を編集するためにアカウントを作成してください”というような指示をされるかもしれません。しかし、このようなアカウントは、採用後に共通のアカウントとパスワードを渡されて作業するのが一般的です。

クラウドソーシング内での仮払いや作業依頼といった手順を踏まずに何かしらの作業をさせようとする依頼は、怪しいと考えましょう。

過去の採用実績があるか

大量に募集をかけているのに、採用実績が極端に少ない、同じ求人を何度も出しているなどの場合は、警戒すべき理由になるでしょう。もちろん、応募者のレベルが低かったということも考えられますが、”初心者OK”をうたっていながら、採用実績が応募者に対してあまりにも少ない求人には、疑問がわきます。同じ求人を繰り返し出している場合も同様です。

報酬の高さを売りにしていないか

当たり前ですが、ライターなどの仕事は能力給です。あなたの記事を読んでもいないのに、専門知識が必要であったり、特定の経験者にしか書けないような記事以外で、はじめから高い報酬を約束するような書き方をしている求人は怪しいと考えてください。また、能力を見るためといっても、極端に安い単価でテストライティングを行っている場合も注意が必要です。

通常、テストライティングとはいっても、1記事は1記事ですので、文字数が少ないことはあっても、その案件と同程度かそれに近い報酬が支払われること一般的かと思います。テストライティングの文字数が少ない場合には、1文字当たりで比較してください。なかには、テストライティングと称して安く記事を書かせ、不合格としながら、その記事は使用するという悪質なものもありますので、気をつけましょう。

個別メッセージにも注意!

”プロフィールを拝見して連絡しました”というようなメッセージをクラウドソーシングサイト内で受け取ることもあるかもしれません。しかしこれは、迷惑メールと同じで無差別に送られているものも多くあります。メッセージの最初にあなたのユーザー名が書いてあったり、具体的な内容に触れられていない場合には、疑ってみましょう。

依頼者用のルールは守られているか

基本的なことなのですが、仕事を探す側のルールを確認していても、依頼者用のルールを把握していない人が意外に多いので、規約をきちんと読みましょう。それだけでも、怪しい求人の何割かをふるいにかけることができます。

何のためにそんなことをするの?

ここまで読んで、”お金をだまし取るならともかく、何のために偽の求人を出すの?”と思った人もいるでしょう。理由はいくらでも考えられます。

  • ユーザー登録をさせて個人情報を収集→別の目的に利用する
  • ユーザー登録をさせてそのサイトのユーザー数を水増しする→ユーザー集めに利用する
  • テスト用の動画といって指定のYoutube動画を再生させ、再生数を稼ぐ
  • テストライティングと称して、安く記事を書かせ、アフェリエイトサイトで使用する

などなど…。このように、もともと仕事を依頼するつもりがないのに、応募者を利用して、ほかのことに使うわけです。金銭的な被害はないかもしれませんが、”働きたい”という人の気持ちを踏みにじる行為であることは確か。特に、現在のように、新型コロナウィルスの影響で困っている人を利用しようというのは許されることではありません。

最後に

現在、多くの人が苦しい状況にあり、どんな仕事でも!という方もいるかもしれません。しかし、だからこそ、怪しい求人やそういった人たちをだまそうとする詐欺も増えています。給付金詐欺などがニュースになっているのと同じです。
悲しいことですが、人の不幸に付け込む人間が多いのも現実ですので、注意しながら利用してください。

安全な求人を探すには相場の単価を知るのも重要です。関連する過去記事はこちら↓

タイトルとURLをコピーしました