ライティング初心者に知ってほしい言葉⑤:重言と二重否定には要注意!

二重の虹 在宅で働きたい方向け

文法的にNGな”重言”と文法的にはOKな”二重否定”!

重言とは”頭痛が痛い”や”馬から落馬する”など、同じ意味を重ねて使うことです!
さすがにライティングのお仕事をしたいと思っている人は、こんな間違いはしないと思いますが、重言の中には、初心者の方が、似たような正しい言葉と混乱してしまうものもあります◎

これに対して、”行きたくないわけではない”といった一つの文に否定が2つ入る文が二重否定です!
二重否定は重言と異なり、文法上は正しい文章になります◎しかし、Webライティングでは、取り扱いに注意が必要な文章になりますので、しっかり理解して使用しましょう!

似ているようで大きく違う!2つの文章◎

まずは、以下の2つの文章を読んでください。
  1. 必ず必要になる。
  2. 必ず必要です。

この2つの文章を読んでどう感じましたか?違和感がありますか?特に何もきになりませんか?
”重言”についての記事だから、”重言でしょ!”と思った人…それは単純すぎますよ^^;
正解は、1は文法上正しく、2は重言です!

そんなの簡単!というあなたは、しっかり重言について理解できていますね◎でも、人に聞かれて理由を説明できますか?できない人は、本当の意味では、理解できていないのかも…。
また、”違いがわからない”という人も、ポイントが分かれば難しくありませんので、心配ありませんよ!

”必ず必要になる”が重言でない理由◎

”必ず必要になる”が重言でない理由を知るには、”係り受け”について理解する必要があります。
係り受けとは、主語や述語、修飾語や被修飾語といった単語同士の関係のことです!
”必ず必要になる”では、”必ず”と係り受け関係にあるのは、”なる”になります◎

この文章では、”必要に”は、”必ずなる”という基本の文章に対して、”何が”必ず必要になるのかを補足しているということです!
そのため、”必ず必要になる”は、重言にはなりません◎

”必ず必要です”が重言になる理由◎

”必ず必要です”を”必ず必要になる”と同じように考えてみましょう。
この文章だけではわかりませんが、

  • 「書類の提出は必要ですか?」「必ず必要です。」
  • 女性がモスクに入るには、ストールなど髪や露出している部分を隠すものが必ず必要です。

上記のような文章の一部と考えるのが自然ですね。
そうすると、”必ず”と係り受けの関係にあるのは、どの言葉になるでしょうか?
”必ず”どうなるのか?ということですから、この場合は、”必要”と係り受け関係であるといえます。

その結果、”必ず”と”必要に含まれる、必ずの意味”が重なってしまいますので、重言です!
ぱっと見は似ている2つの文章ですが、文法上は、大きく違うということに注意してくださいね^^

どうやって見分ければいいの?

”例題は理解できたけれど、そのほかはどう見分ければいいの?”と思っている人もいるかもしれません。これはとても簡単です!

重言かもしれない言葉を消しても文が成立するかどうか?です!

例えば、”必ず必要になる”は、”必ずなる”だけでも文章として成立しています。つまり、係り受け関係がきちんと成立しているということです。
では、”必ず必要です”はどうでしょうか?”必ずです”は文章としておかしいですね。これは、係り受け関係にあるのが、”必ず”と”必要”であったために、”必要”を消してしまうと文が成立しなくなってしまったのです。

本来であれば、自分の文章の係り受け関係まで意識してライティングができるようになるのがベストです。しかし、はじめのうちは、”これってあやしい?”と思ったら、このようにして、自分の文章をチェックしてみてくださいね!

取り扱い注意?!ちょっと危険な”二重否定”◎

冒頭で述べた通り、”本心では、行きたくないわけではない”、”その予算なら買えないこともない”といった文章に2つ否定の言葉が入っているのが、二重否定です!
これは重言とは異なり、文法上、間違いではありません

また、二重否定には、何かを強調したり、誰かの細かい心理状態を表したりといった効果があるので、あえて二重否定を使うことは、文章を書く上でのテクニックのひとつです。
しかし、Webライティングでは、その効果以上に、”読みにくさ”という問題を生んでしまいます

特に初心者の方が依頼を受けるようなライティングでは、美容や観光、DIYなど事実を伝える内容が中心でしょう。その場合には、基本的には二重否定は使わず、読みやすい文章を書くことを心掛けるようにしてください。
ただし、記事全体の文体が比較的軽く、話し言葉中心で書くような記事の場合には、最後のまとめなど、強調したい部分に限って使用すると印象的な文にできるかもしれませんね!

まとめ

重言と二重否定について理解できたでしょうか?これまでの記事でも述べましたが、Webライティングでは、文法的に正しいことはもちろん、”読みやすさ”、がとても重要です!
ライティングの練習をするときには、文法的なテクニックだけでなく、言葉選びも含め、”読みやすさ”を意識して文章を書いてみてくださいね◎

タイトルとURLをコピーしました