単価アップにも効果大?!在宅ワーク初心者向におすすめのツール②

PCを使う女性 在宅で働きたい方向け

誤字・脱字を減らすことが単価UPへの道!

データ入力にしろ、ライティングにしろ、初心者がまずできる質の向上は、誤字・脱字をなくすことです!
納品前に必ず見直しをすること、正確に入力できるスキルを身に付けることはもちろんですが、人間ですから、それだけでは限界があります◎

ですから、上手に道具やツールを使って誤字・脱字をなくし、入力スピードも上げられるようにしましょう。

数字のみの入力ならテンキーを上手に使おう!

データ入力のお仕事の中には、ひたすら数字のみを入力するものがあります!そういった場合には、テンキーを使うとキーボード上部の数字入力を使用するよりも、指の移動距離が少ないので速度が上がり、間違えも減るでしょう◎
ノートパソコンの場合には、テンキーがありませんが、USB接続できる外付けのテンキーが数百円で買えますので、購入するといいでしょう。最新の商品や特別な機能は必要ありませんから、とにかく安いものを選べば大丈夫です!
ただし、サイズやデザインはデスクトップパソコンのキーボードと同じものが打ちやすいと思います。小型のものやフラットなものは、打ちにくく感じる人が多いでしょう。店頭で試して購入できればいいですが、通販などで実物を試さずに買う場合には参考にしてください。

単語登録機能を知ろう!

Windowsには、標準で単語の登録機能がついています!この機能を使って誤字を防いだり、入力速度を上げることができます。
入力する単語が限られているタイプのデータ入力では特に有効です◎

使い方は、ツールバーの入力モード(”あ”や”A”と入力モードを切り替えると表示されるところ)の横にあるノートと鉛筆のアイコンをクリックします!

そうすると単語を登録するためのウィンドウが開きます。ここで

  • 単語⇒入力したい単語
  • 読み⇒その単語のひらがな1文字

を入力します。それ以外のところは入力してもしなくてもOKです。
そうすると、例えば、単語に”東京都”、読みに”と”と入力すると、”と”+スペース(変換)するだけで、”東京都”と入力できます!

これなら時間の短縮はもちろん、打ち間違えもなくなります◎

定型文をストックできるツール”クリップNOTE”!

文字入力のあるデーター入力やライティングでは、同じ単語や文章を繰り返し使うことがあります。そんなときにとても便利なのが”クリップNOTE”です!

単語登録機能の場合には、当然仕事で使う場合以外にも変換に反映されてしまうので、作業以外でも頻繁にPCを使う人には、うっとうしく感じてしまうこともあると思いますが、”クリップNOTE”ならそういったこともありません。

ところで、”ライティングで同じ文章を何度も使ったらダメでしょ?”と思うかもしれませんが、記事本文以外の部分で意外とあるのです!例えば写真のキャプションや文末のクレジット、注意文などです。
”※写真はイメージです。”などがそれにあたります◎

クリップNOTEでは、あらかじめ必要な単語や文章を登録しておくことができます。最大で10個のグループが登録できるので、案件別に分けることも可能です。

また、コピペの履歴も一覧で表示されるため、ライティングで、ある記事に文字数の多い団体名などが繰り返し出てくる場合に、登録の必要がなく、ワンクリックでコピーができます◎

Shiftを連打することで呼び出すこともできますが、入力画面に連結して常時表示しておくこともできるので、時間の短縮にもなります。

製品は、有料版と無料版の2つです。通常の在宅ワークでは、無料版の機能で十分でしょう。
また、動作環境にWindows10が含まれていませんが、今のところ、不具合についての報告などはないようですので、問題なく利用できると思っていいかと思います。

クリップNOTE(Vector)

まとめ

誤字脱字は、依頼主に”この人は間違いが多い”という印象を強く与える間違いである反面、ちょっとしたことで防ぐことができるミスでもあります!
ぜひ、納品前の見直しと今回紹介したツールなどを使って、誤字・脱字のない入力やライティングをしてくださいね◎
タイトルとURLをコピーしました