応募の前に知りたい!在宅ワークのテストライティングって何をするの?

原稿用紙 在宅で働きたい方向け

テストライティングは安心な求人の証?

テストライティングがあるということは、基本的な文章力を測り、応募者が即戦力になるか、ある程度、添削をして練習してもらう必要があるか、全く適性がないか、を判断するわけですから、きちんと仕事を紹介しようとする会社であればあるほど、行われると考えられます。

また、さらにしっかりとした会社であれば、テストライティングにも報酬が支払われますから、その点も求人でチェックしましょう。明確な記載がなく、問い合わせてもきちんとした返信がない場合には、採用されて仕事を始めたとしても報酬面での問題が起こる可能性があるので、注意が必要です。

どんなことをするの?

一般的には1000文字ほどの記事を与えられたテーマと”レギュレーション”と呼ばれる”記事作成のルール”が書かれたマニュアルのようなものに沿って作成します。ただし、採用後に作成する記事の文字数がすでに決まっている場合は、それと同じ文字数を指定されることもあります。

また、ライティングの内容によっては、記事を作成するだけでなく、写真の選定をすることもあるため、指示があった場合には、フリー素材のサイトや指定されたサイトから写真を選びます。
これがよくあるストライティングの内容です。

記事のテーマは採用後に割り当てられる可能性がある仕事が複数あれば、いくつかの中から選べることもありますし、特定の内容の記事を書くことが決まっている場合には、はじめから決まっています。内容が決まっている場合には、求人に書かれているのが一般的です。

書き終わったら、提出前には確認を!

締め切りには余裕を持って作業をし、いったんその文章から離れましょう。
できれば書きあげた翌日に、自分の文章を読んでみて、誤字脱字はないか、”てにをは”のおかしなところはないか、意味が分かりにくいところはないかなどをチェックします。
プリントアウトしてチェックすると、間違えを見つけやすいという人もいますね。

また、”レギュレーション”に書かれたルール、例えば”タイトルの文字数”などがきちんと守られているかもチェックしましょう。中には見慣れないルールもあって大変かもしれませんが、お仕事をはじめてからも”レギュレーション”を守ることは必須なので、先に”レギュレーション”を理解してから記事を書き、曖昧なときは読み直す癖をつけてください。

何をチェックされるのか?

まず、最初の段階でチェックされるのは、次のようなことです。

  • 締め切りを守れたか
  • レギュレーションをきちんと読み、守っているか
  • 基本的な国語能力に問題がないか
  • テーマに沿った記事か
  • コピペではないか
  • (写真選定がある場合)記事にあった写真を選んでいるか

といったことです。”あれ?内容の質については?”と思うかもしれませんが、初心者OKのライティングでは、採用後の記事作成でも”構成”と呼ばれるあらすじのようなものを与えられますし、”リライト”といって例えば、5000文字ほどの記事を1000文字ほどに短く書き直すような仕事もあるので、内容の前に上記のような点をチェックされます。

もちろん、そのうえで内容が面白ければ、採用率は上がりますし、採用後、”構成”を任されるという追加の仕事をゲットできるかもしれません!しかし、初心者OKの求人の場合、過剰に記事の面白さを心配しなくていいと思います◎

その後、記事が添削され、修正が依頼されると思いますので、指示通りに修正をします。このときには、”修正内容の指示を理解できているか”が重視されます。ミスの修正もですが、記事には依頼者がいるため、変わった修正内容であっても、依頼者の意図に沿った修正ができる必要があるからなのです。
このときも、期日までに修正することは、絶対です。

以上のことを意識してテストライティングを行えば、基本の合格ラインはクリアできるでしょう。
ただし、応募者が多ければ、成績上位者から採用されますし、文体などがそのときの求人に合っている・合っていない、などで合否が決まる場合もありますので、一度の不採用でめげずに、失敗を生かして次に挑戦してください!

※記事の内容は一般的なテストライティングについて述べています。弊社のテストライティングの合格基準とは異なる点があることをご了承ください。

 

 

タイトルとURLをコピーしました