在宅ワークで怪しい求人に応募しないために!注意するべき基本のき②

疑う 在宅で働きたい方向け

在宅ワークの求人ならではの注意点を知っておこう!

報酬が極端に高いもの・安いものは避ける!

皆さんは収入を得るために求人を探していますから、極端に報酬の安い求人は自然に避ける傾向があると思います(安いものがダメな理由は前回の記事の通りです)。でも、高い報酬の求人をみると、応募したくなってしまうのが人情です。
例えば、ライティングのお仕事で看護師などの有資格者や金融など特別な職歴を求めている場合には、他より高額でも適正な求人の可能性が高いでしょう。

しかし、そういった理由がなく高額な設定になっている場合は、何かしらの”落とし穴”がある可能性があります。よくあるのが、実際に依頼されてみたら、”アダルトサイト関連だった”というようなものです。アダルトサイトの仕事がいけないというわけではありませんが、知らずに応募してしまうのは嫌ですよね。

具体的な仕事内容が書かれていないものは避ける!

より自社の仕事にマッチした人材や長く働いてもらえる人材を採用したいと思っている会社であれば、求人情報の中にどのような仕事であるか、可能な範囲で公開するはずです!

契約上、具体的な内容を書けないとしても、ライティングの仕事であれば、どのようなジャンルなのか、男性向けか、女性向けか、それだけでも応募者の得意、不得意が大きく影響するからです。
単純なデータ入力であっても、数字のみなのか文章があるのかで変わってきますよね。

また、はっきり書いていない場合には、ジャンルが絞られない分、応募者がかなりの人数になってしまい、個々の応募者を丁寧に確認することなく、まずは経験者を残してその後、履歴書の内容を確認する可能性が高くなります。そうすると、せっかく応募しても初心者のあなたは最初の段階で無条件にふるいにかけられてしまうのです。

つまり、初心者のあなたが採用される可能性を少しでも上げるためには、より丁寧な採用を行っていると推測できる会社に応募することも大切だということになります◎
その手掛かりになる情報が、具体的な仕事を明記し、どのような人材が欲しいのかがはっきりしている求人広告を出しているかどうかということなのです。

来社不要、初心者OKなのに時給設定は避ける!

在宅ワークで”時給”の仕事なんてあるの?と思う人もいるかもしれませんが、データ入力でもライティングでも、実は時給設定の仕事は珍しくありません。時間のカウントの仕方は、それぞれですが、会社のシステムにログインしている時間で計算する、というのが最近は多いようです。

初心者の人からすると、時給制の方が得なのでは?と思う点もあるかもしれませんが、在宅ワークの時給制には注意しないといけない点が多くあります
まず、会社にとって人件費というのは大きな費用です。ですから、単価や時給というものはきちんと利益がでるように慎重に決められています。

時給制で利益を出すことを考えるならば、”1時間あたり処理できる仕事の量”が設定されているはずです。仮に、初心者OKで時給制の仕事であっても、最初の数か月出社して研修を受けることが必須となっていれば、その研修の中であなたの能力が判断されることになるので、研修に抵抗がなければ、このような求人に応募するのは問題ないでしょう。

しかし、来社不要×初心者OK×時給制の場合、会社として正しく1時間当たりにあなたが処理できる仕事量が判断できないわけですから、”その求人は怪しいのではないか?”と考えた方が安全です。在宅でテストが行われる可能性もありますが、そうであれば、求人に明記するはずですから、何も書いていなければ疑った方がいいでしょう。

もうひとつ、初心者の人に時給制の仕事をおすすめできない理由があります。それは、働き方の問題です。在宅ワークを選ぶ人は、”好きな時間に自分のペースで働けること”に魅力を感じている場合が多いのではないでしょうか?

その視点で考えると、時給制では1時間あたりの作業量が決まっている時点で自分のペースで、とはいいがたいですし、1ヶ月の稼働時間が〇時間以上と設定されている場合も多いので、先述のような在宅ワークの魅力は減ってしまうといえますね。

 

今回は、在宅ワークの求人を探すのが初めての方に向けて、求人広告の注意点をご紹介しました!こうであれば、”絶対に怪しい”、”絶対に安心”とはどんなことでもいえませんが、記事を参考に、在宅ワークの求人を比べてみてください

 

次回は、求人を出している会社のチェックの仕方についてご紹介します!

 

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました