在宅ワークを本業に!そう決めたら知っておきたい社会保険制度のこと◎

病院 在宅で働きたい方向け

社会保険制度ってなに?

社会保険制度とは国民のリスクに備えるための制度で、日本ではすべての人に何かしらの形で加入の義務があります。この制度の中には”年金保険”、”医療保険”、”介護保険”などがあります。
今回は、この中でも在宅ワーカーに転職するときにいくつかの選択肢がある”医療保険”について詳しく説明します。

医療保険とは

病院で受診するとき、保険証を提出すれば自己負担が3割になるのは、健康保険(または国民健康保険)に加入して月々保険料を支払っているからです。会社などに勤めている場合、勤務先によって加入先が違いますが、何かしらの”健康保険”に加入し、保険料の半額を会社が負担しています。

これは雇用主にとって義務なので、特に手続きをしなくても、入社すると保険証を受け取り、月々の保険料の半額が給与から天引きされます。正社員に限らず、パートやアルバイトでも一定の条件を満たすと勤務先の健康保険に加入する(させる)義務があります。

これに対して、特定の会社に雇用されていない在宅ワーカーやフリーランス、自営業の人が加入するのが国民健康保険です。加入にはお住まいの自治体に自分で手続きをする必要があります。

健康保険と国民健康保険の違い

健康保険と国民健康保険には、手続きと保険料についての違い以外にも違いがあります。
特に健康保険にあって国民健康保険にはないものがあります。

  • 扶養制度がない
  • 傷病手当金がない
  • 出産手当金がない

また、会社負担分がなく、所得に応じて保険料が高くなるので、一般的に健康保険よりも割高です。特に、退職1年目は前年度の所得によって保険料が決まるため、予想外の高額になる可能性があります。在宅ワーカー1年目からばりばり稼げるという人でなければ、退職金や貯金で備えておきましょう。

保険料の負担を減らす方法はないの?

医療保険には、あなたの状況によっていくつかの選択肢があります。
退職前に保険料について計算し、自分にとってもっとも負担が少ない医療保険はどれか確認しておきましょう!

国民健康保険の保険料は自治体によって異なるので、自治体の窓口で確認してください。

扶養に入る

結婚している人なら配偶者の扶養がすぐに思いつくでしょう。しかし、それ以外にも所得が130万円以下かつ扶養する人の所得の1/2であれば、三等身内の人の扶養に入ることができます(ただし、各健康保険により別途条件がある場合があります)。

健康保険の任意継続

退職から20日以内であれば、現在の勤め先の健康保険を”任意継続”という形で加入し続けることができます。ただし、これまで会社が支払ってくれていた分も自己負担になりますので、保険料は2倍になります。それでも、国民健康保険より安い、という場合がありますから、選択肢の一つにしてください。

国民健康保険組合に加入する

国民健康保険組合とは、同じ職業の人たちが集まって作られている医療保険の一種です。
例として、Webデザイナーやライターなどが加入できるものに”文芸美術国民健康保険組合”があります。

実際の加入には細かい条件がありますが、家族構成や所得によっては国民健康保険に加入するよりも保険料が安くなるかもしれません。
詳しくは文美国保のホームページをご確認ください。

文芸美術国民健康保険組合

請負先の健康保険に加入する

すべての会社に当てはまるわけではありませんが、在宅ワーカーに仕事を依頼している会社の中には、それらの人に対する福利厚生として、会社の健康保険に加入できるようにしている会社があります。

弊社でも、一定の条件を満たす方が希望する場合に、健康保険に加入できる制度があります(詳しい条件をお知りになりたい方は、個別にお問い合わせください)。
退職後の請負先が決まっている方は、事前にその会社に問い合わせしてみるといいでしょう。

まとめ

同じ社会保険制度の”年金”とは異なり、医療保険には退職時にいくつかの選択肢があります。
退職して在宅ワーカーになろうかな?と思ったら、月々どの程度の負担になるのか、どの医療保険に加入するのがいいのか具体的に考えてみましょう
事前にこうした準備をせずに退職すると、あとから別の方が良かったと気がついても、選べない選択肢もあるので注意してくださいね!

 

 

タイトルとURLをコピーしました