在宅ワークなら20代も60歳以上も同じ条件・自分のペースで働ける!

年代の違う女性 在宅で働きたい方向け

在宅ワークの求人の多くは年齢不問!

在宅ワークにはさまざまな種類がありますが、多くの場合、年齢不問です。”学生不可”や”会社員のWワーク不可”といった条件が付いていることはありますが、年齢が採用の可否に影響することは少ないようです。これは、在宅ワークでは、自分自身でスケジュール管理をし、締め切りまでに依頼された仕事を終わらせるためです。

”学生や会社員のように本業が忙しく締切に間に合わない!”というリスクがある人よりも、”締め切りを必ず守れる”という点で、むしろ子育てが落ち着いた一定上の年齢の人たちの方が安定した戦力になる可能性が高いためといえます。
もちろん、子育て中のお母さんや妊娠中の方も多く活躍していますので、そのことが不利になることもありません。

企業側から見れば、学生のように”卒業=退職”、と先が見えている人よりも、採用や研修にかかる期間を考えれば、一度採用したら長く働いてもらうのが理想です。その点からも、一定上の年齢層を積極的に採用している企業も少なくありません。

在宅ワークなら採用後も年齢は関係なし!

年齢不問の求人はさまざまな職種でみられます。しかし、採用時には年齢が不利にならないとしても実際に働くとなるとどうしても差が出るのが現実です。一番は体力、60歳以上の人が20代の人と同じように立ち仕事をしたり、シフトに入ったりするのは難しい場合が多いでしょう。
その結果、長期的に見ると昇給などで差が出てしまいます。

その点、在宅ワークの場合は、PCを使った作業が中心で、体力は成果に影響しません。また、内職と異なり、作業をするための材料などを受け取りに行く必要がないので、最近話題になっている運転免許の返納を行った後でも影響なく続けられます。

また、在宅ワークでは、締め切り通りに納品できることや作業の正確さなどが評価の対象となり、単価のUPやインセンティブに繋がりますので、どの年齢層の方も平等に収入UPのチャンスがあります!

内容を選べば逆に年齢が有利になることも!

特にライティングの仕事ではさまざなな内容の記事作成のお仕事があります。若い人向けの記事が中心の企業では、文体や内容などで仕事があっても要求される文章を書くのが辛いという方もいるるかもしれません。そういった方は主婦向けの記事を多く取り扱っている会社に応募や登録をすれば、これまで培った主婦経験などから若い人には思いつかないオリジナリティあふれる記事を提案することができるのではないでしょうか◎企業側も記事の差別化を図りたいと常に考えていますからそのような人材はきっと歓迎されますよ!

 

最近は離れて暮らすお孫さんとの連絡のためにスカイプを学ぶなど、60歳を過ぎてからPCを覚えたという方も多くいます。中には60歳過ぎからPCを学んで、スマフォのアプリを開発するほどの腕前になった方も話題になっていますね!そこまでのレベルに達するのはなかなか難しいかもしれませんが、せっかく覚えたPCと空き時間を利用して在宅ワークにチャレンジしてみるのもいいのではないでしょうか?

タイトルとURLをコピーしました