在宅ワークを探す人の強い味方?”クラウドソーシングサイト”とは

仕事を探す 在宅で働きたい方向け

クラウドソーシングサイトとは

クラウドソーシングサイトとは、”人を採用したい企業や個人”と”フリーランスや副業、単発の仕事などを探している人”を結びつけるサイトです。アルバイトを募集する従来のサイトとの大きな違いは、求人を掲載するだけであれば、基本的に無料であるため、小さな会社や個人が依頼主の単発の求人が数多く掲載されていること。
例えばWebサイトに使用するトップページのイラストを募集したり、簡単な資料の翻訳を依頼できる人を探したりといったものです。
そのため、在宅での簡単な仕事を探す人にとっては便利なサイトです。

しかし、お仕事の中には怪しいものや報酬は極端に安価なもの、倫理的にグレーゾーンのものも混じっています。話題になったものとしては芸能関係のライティングお仕事といいながら、アフェリエイトのために根拠のない噂話や中傷記事を書くことが実際の内容だったというものがあります(現在はこういった仕事の求人を禁止しているサイトもあります)。

もちろんこのような仕事ばかりではなく、1回だけExcelのデータを作成したり、ある観光地について指定のフォーマットで最新の情報を入力したりといった単発のお仕事から長期契約を前提としたプログラマーや翻訳家、Webデザイナーといったフリーランスの専門職人材を募集する求人までさまざまなものがあり、その多くはきちんとした求人です。

クラウドソーシングサイト利用の際の注意点は?

契約は個々の責任である

求人を掲載する側、仕事を探す側、双方に運転免許証やパスポートなどによる本人確認を実施していることがほとんどですが、サイト運営者はあくまで“求人の掲載とそれを探す場所”を提供しているだけなので、仕事の内容など契約に関しては基本的に個々の責任になります(依頼主がサイトに採用を代行してもらうサービスを利用している場合を除く)。

利用手数料がかかる場合がある

基本的に登録はどこも無料ですが、契約が成立すると“システム利用料”などの名目で手数料がかかることがあります。そういったサイトでは、依頼主が負担してくれる場合とあなたが支払う場合と求人によってまちまちですので、報酬金額を確認するときにはそれらも含めて考えましょう

報酬の振り込みにも手数料がかかる場合がある

報酬は直接あなたの口座に支払われるわけではなく、一旦、クラウドソーシングサイトが依頼主から預かるような形になります。それをあなたの口座にサイトが振り込みますが、この時に振込手数料がかかることがあります。
単発のお仕事を考えている人は、ある程度の金額が貯まったら、まとめて振り込んでもらうなど、手数料を節約するようにしましょう。

報酬の預かりに有効期限があるサイトもある

振込手数料の節約のためにまとめて振り込んでもらうと書きましたが、サイトによっては報酬の振り込みに期限を設けていることがあります。その期限を過ぎてしまうと、せっかく働いた報酬が、無効になってしまうので注意しましょう。

まとめ

クラウドソーシングサイトの登場で、在宅ワークを探す人のチャンスは大きく広がりました。しかし、サイトの利用には、自己責任が伴います。
次回は、安心して応募できる会社の探し方をご紹介します。ここでは、クラウドソーシングサイトの求人に関するチェックポイントもお教えしますので、ぜひ、活用してください。

 

 

タイトルとURLをコピーしました