求人募集をしっかりチェック!安心して応募できる在宅ワークの探し方◎

履歴書 在宅で働きたい方向け

求人広告のチェックポイント

有料の求人サイトを利用しているか?

最近は企業が無料で掲載できる求人サイトやクラウドソーシングサイトでの募集が増えました。しかし、以前からある広告掲載や契約時に企業側が料金を支払う求人サイトに掲載されている場合、採用に一定の費用を掛けている=本当に採用しようとしている、という基準の一つになります。

同じ求人が何度も掲載されていないか?

特にクラウドソーシングサイトで、採用数はそれほど多くなく、応募者も一定数いるのに何度も同じ求人を出している場合は、怪しい求人の可能性があります。ただし、特殊な技術がいるような仕事は応募者が採用基準に満たなかった、という可能性もあるのでこの限りではありません。

また、全く同じ内容の求人を複数のアカウントが掲載している場合も注意が必要です。
これらを見分けるために、募集期間を終了している求人もチェックしましょう。

はじめから高収入を確約していないか?

初心者向けの在宅ワークではじめから高収入が保証されることはありません(アダルト関連の企業は除く)。実際にあなたの能力や稼働時間がわからなければ、どのような案件を担当できるかわからないからです。

応募後に面接があるか?

単発の仕事を除き、“面接無しで採用”となっている企業は、採用されても個別に仕事の紹介がなく、“専用サイトに仕事が掲載され、抽選や早い者勝ちで採用される”など、“採用=仕事ができる”ではない場合もあるので、きちんと確認しましょう。

面接とはいっても最近はSkypeでの面接を導入している会社も多いので、”地方に住んでいる”、”面接のための外出は難しい”という人も心配ありません。

安心して応募できる企業をみつけるポイントは?

大手企業やその子会社による直接雇用である

在宅ワークの中には、誰もが知っているような大手企業やその子会社が募集しているものがあります。そういった求人はかなり倍率が高いですが、採用されれば安定した量のお仕事が確約され、長期に続けることも可能でしょう。

問い合わせへの返信が丁寧で、回答が明確である

気になる求人があれば、一度、申し込み前に問い合わせをしてみるのも一つの手です。仕事に関する気になる点などを質問し、その対応から採用後の様子を推測することができるからです。ただし、相手も仕事中ですから質問は応募をする前提で、本当に知りたいことを聞きましょう。

企業のサイトを確認する

求人サイトやクラウドソーシングサイトで企業をみつけたら、その企業のサイトをまずはチェックしましょう。

  • 会社の基本情報
  • 業務内容や実績
  • 採用情報
  • 仕事を依頼する企業への情報

これらがきちんと書かれているか確認しましょう。
怪しい在宅ワークの募集では企業の所在地が明記されていない、などということも…

企業が運営しているサイトを確認する

ライターを募集している企業の場合、自社で情報サイトなどを運営していることがあります。その場合には、定期的に更新されているかをチェックするといいでしょう。また、記事の内容が自分の得意な分野である場合には、応募時にアピールできますし、採用後も自分に合った仕事を担当できる可能性があります。

テレワーク先駆者百選の認定企業である

総務省では、テレワーク(自宅など会社以外の場所で仕事を行うこと)に関して実績のある企業“テレワーク先駆者百選”として認定しています。在宅ワークの多くは、このテレワークに含まれますので、“テレワーク先駆者百選”に認定されているということはその企業の信頼性を示すひとつのポイントになります。

テレワーク先駆者百選について(総務省)

安心して応募できる企業を探すということは、在宅ワークの場合、難しく感じるかもしれませんが、情報を集め、自分が納得できる企業を探すようにしてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました