ライティングでいくら稼げる?月収1万・3万・5万に必要な本数って?

豚の貯金箱 在宅で働きたい方向け

お小遣いをライティングで!目標1万円を得るには?

ライティングのお仕事の場合は、一般的に報酬は“個人の文字単価の×指定の文字数”または“一律に1記事の単価が決まっている”の2つのタイプがあります。

仕事の流れとしては、記事の内容を指示する“構成”と文字数が伝えられ、それを基に記事を作成します。“1000文字”と指定され、最終的に作成した記事が1500文字になっても、支払われるのは1000文字分です。
効率良くライティングで収入を得るには、上手に文章をまとめる力も必要になってきますね。

記事の文字数としては、メディアによって異なりますが、多くの場合、1000文字弱~5000文字の間となっており、お仕事を始めたばかりの方が担当することになるのは、1000文字弱~3500文字ほどの比較的短めの記事になるかと思います。最初の単価としては、3500文字の場合で2500円程度になるでしょう。今回はこれを基準にシュミレーションしてみます。

2500円×4本=10,000円 3500文字×4本=14000文字

400字詰め原稿用紙で35枚、わかりにくければ本サイトの在宅ワークに関する記事が1000文字を基準に作成しているので(実際には記事によって1000文字~1600文字ほど)、それを参考にしてくだい。
ということで、1万円の目標は文章を書くのが好きな人には達成しやすいのではないでしょうか?

友人との外食や自分へのご褒美資金に!目標3万円を得るには?

3万円を目標とした場合、

2500円×12本=30,000円 3,500文字×12本=42,000文字

400字詰め原稿用紙で105枚、どうでしょうか?少し、難しく感じるでしょうか?
でも、ここではひとつ知ってほしいポイントがあります。ライティングのお仕事では、毎月規定の本数以上を作成すると、“インセンティブ”を設けている会社もあるということ!10本はその基準になる可能性が高いので、それを狙うのも収入UPにつながります。

もちろん、インセンティブを受け取るには、”締切厳守”、“誤字脱字などのケアレスミスが少ない”、“構成に合った記事が書けている”、など記事の質も問われますのでやみくもにたくさん書くのではなく、まずは丁寧な記事作成を心がけましょう

家族とのレジャー費に!目標5万円を得るには?

5万円を目指せる頃になると、個人の単価が上がっている可能性が高くなります。現実的な例では、1文字1円ほどです。

3500文字(円)×15本=52500円

この場合、総文字数も52500文字ですから、原稿用紙でいうと132枚弱になります。“こんなの計算上の数字!”と思っている人もいるかもしれませんが、1記事の文字数は3500文字とは限りませんが、20本~50本を1ヶ月に書いている人たちが実際にいますので、無理な数字ではありません。

また、先述の通り、この本数になってくると“インセンティブ”も同時に得られる可能性が高くなります。そこを狙っていくことでさらなる収入UPの道が開けるでしょう。さらに、能力次第では校正のお仕事を依頼される可能性もあります。校正のお仕事はライティングよりも単価は低くなりますが、時間あたりにこなせる本数が増えますので、結果として全体の収入UPが見込めます。

まとめ

ライティングのお仕事では収入UPの道筋が見えにくいという人もいるかもしれませんが、まずは無理のない本数を丁寧に作成し、校正担当者から修正の指示などがあった場合には、次回に同じ間違えをしないようにすること。そして、“インセンティブ”の基準となる本数をひとつの目標に、1ヶ月の本数を増やせるようになるといいでしょう。その結果、校正まで任されるようになると月10万円の目標も現実のものになりますよ!

タイトルとURLをコピーしました