【在宅ワークの種類】校正ってどんな仕事?求められるスキルや経験とは

校正 在宅で働きたい方向け

校正のお仕事とは?

“校正”といった場合、一般的には出版物や新聞に関するお仕事です。

ライターや記者などによって書かれた文章の文法の誤りや誤字脱字、誤変換などをチェックします。混同されやすいお仕事に“校閲”がありますが、こちらは文章の事実確認や時代考証といった内容に関するチェックを行うお仕事です。

校正を職業とする人は、出版社や新聞社に勤務していることが多く、在宅ワークとしての求人数は少ない職種といえます。また、常勤の校正者がいない編集プロダクションなどの募集があっても、基本的には応募資格は経験者に限られています

Webメディアでの校正のお仕事とは?

Webメディア関連の在宅ワークの求人にも校正の業務が含まれていることがあります。この場合は、出版関係の校正のお仕事とは求められるスキルが少し異なります

文法の誤りや誤字脱字などのチェックは同じですが、これに加えて、“ひらく漢字”のチェックが加わります。「ひらく漢字ってなに?」と思う方も多いですよね。“漢字をひらく”とは、漢字でも書ける言葉をひらがなで書くことをいいます。例えば、普段の文章であれば、“一年毎に検査します”と書けるところを“一年ごとに検査します”と書くような場合です。
Webメディアでは、ひらく漢字に適切な対応ができているかどうかが、読みやすさにつながるので重要です。

また、Webメディアの校正のお仕事には、多くの場合、記事のデザインに関するチェックも含まれるため、CMSやHTMLの知識を求められます。CMSとは、HTMLなどの専門知識がない人でも“リンクのボタン”や“文字の装飾”などを視覚的に入力できるツールです。ただし、校正では細かい修正を行う場合があり、それにはHTMLを直接修正する必要がでてくるため、基本的なHTMLの知識も求められます

Webメディアの校正のお仕事に就くには?

Webメディアの校正では、ほとんどの場合、ライティングのお仕事の経験を求められます。それに加え、WordPressのようなCMSの利用経験と編集の知識、基本的なHTMLタグの理解も必要になってくるので、初めて在宅ワークを探す人向きのお仕事とはいえません。校正の仕事を目指すのであれば、まずはライティングのお仕事に応募し、経験を積むことをおすすめします。

また、ライティングのお仕事で経験を積んだ後に、校正を任されるようなレベルになると在宅ワークで10万円以上の収入を得ることも可能になるので、在宅ワークを長期間続けることを考えている方が校正のお仕事をライティングのお仕事をする上での目標とするのもいいかもしれません。

タイトルとURLをコピーしました