在宅ワークの種類は?

在宅で働きたい方向け

在宅ワークにはどんな種類の仕事があるのかご存じでしょうか?

データ入力やライティング業務、デザイン系など仕事の種類は豊富にあります。

そして、その職種に見合うスキルが必要です。

在宅ワークの種類とそれぞれに必要なスキルをご紹介します。

 

在宅ワークとは

 

在宅ワークとは、その名の通り在宅で仕事をする形態のことを言います。会社に出勤する必要はなく、自宅のパソコンで、インターネットを利用して仕事を請け負います。在宅でできる仕事は、内職のような手仕事もありますが、パソコンを使っての業務がほとんどです。

 

在宅ワークには様々な種類がありますが、今回は「事務系」「IT系」「デザイン系」「専門系」に分けて、それぞれの仕事の内容と必要なスキルを詳しくみていきましょう。

 

事務系在宅ワークの種類と特徴

 

事務系の在宅ワークは、テキストを単純に打ち込んでいくデータ入力や、文章を作り記事の構成も考えていくライティング業務、音声を聞いてテキストに起こしていくテープ起こしなどがあります。

いずれもタイピング能力が高いことが求められます。1文字の単価が0.5円~2円で、スキルにあった報酬になる場合が多いです。

 

また経理や秘書の仕事を、自宅にいながら行う業務もあります。経理は従業員の給与管理、秘書は電話の対応や書類作成、メールの対応、スケジュール管理などが主な仕事内容です。応募資格には、経験を求められることが多いでしょう。また、エクセルやワードの基本知識が必要です。

仕事内容によって報酬は変わりますが、月3万円~10万円が相場です。

 

IT系在宅ワークの種類

 

IT系の在宅ワークには、プログラマーがあります。データ解析や、スマートフォンのゲームやアプリの開発などがあります。またWebデザイナーの仕事もあり、HTMLやCSSを使いコーディング作業を行います。

 

応募資格は経験が問われます。専門的な仕事なので、プログラマー用語やWeb用語、専門知識がないと働けません。

1件当たり数千円~数十万円という単価で値幅がありますが、在宅ワークの中では高収入が望めます。

 

デザイン系在宅ワークの種類

 

デザイン系の在宅ワークには、チラシやパンフレットなどの紙媒体のデザインや、アイキャッチ画像加工などWeb媒体のデザイン業務などがあります。

 

応募資格は経験が必要です。また、イラストレーターやフォトショップ、インデザインが使えないと仕事ができません。そして、デザインセンスを重要視しているので、過去の作品やトライアルでデザインセンスを見られることがあるでしょう。

 

1案件単価は、数百円~数万円です。仕事内容によって報酬に差があります。

 

専門系在宅ワークの種類

 

専門系の在宅ワークには、翻訳やCADオペレーターなど、上記に含まれない専門的な在宅ワークがたくさんあります。

それぞれに高いスキルが求められ、経験も問われるでしょう。

 

報酬単価も様々で、能力に応じた単価が支払われることが多いです。専門的な職種であればあるほど、報酬は高くなります。

自分の持っているスキルが活かせないか、在宅ワークを探してみることをおすすめします。

 

在宅ワークを探す際のポイント

 

在宅ワークを探す際に気をつけたいのは「詐欺」です。在宅ワークには悪徳業者もいるので、見極めるポイントをご紹介します。

 

1.登録する際にお金がかかる。
2.研修費がかかる。
3.ソフトウェア代がかかる。

 

きちんとした在宅ワークであれば、登録費や研修費などはかかりません。ソフトウェアも無料で使えるように手配してあるので、基本的に支払うお金が発生したとき、詐欺の業者ではないかと疑いましょう。

 

スキルに応じたものを選ぼう

 

在宅ワークには様々な種類があることが分かっていただけたと思います。職種によって求められるスキルが違うので、自分のスキルを活かせる職種を選びましょう。

テキスト系の職種であれば、在宅ワーク初心者の方でも始めやすいので、まずはデータ入力やライティング業務から始めることをおすすめします。

タイトルとURLをコピーしました