Vol.1 在宅組織の原型

エブリマ

2013年、何をやるのかなどは特に決めず、Ryoと事業をスタートしました。

とりあえず営業をしようという話になり、「入力姫」というサービスを開始。

サービス内容はすごく単純。

 

⇒ 御社に代わり弊社が物件データを入力します(‘◇’)ゞ

 

不動産業界の状況を少し把握していたので、深く考えずにこのサービスにしました。

また、不動産業界は社数が多いので、アプローチしまくればどこかしら受注が取れるやろ~!

とふんでいました。

受注がいくつか取れて、自分たちで入力を開始。

入力しすぎて、タイピングしすぎて、手の指が麻痺することを経験しました笑

そのうち、自分たちで捌ける量ではなくなってきたので、

誰かにお願いしないと回らない。。。という状況に陥りました。

 

スタッフの募集開始っ(‘◇’)ゞ

 

「無料求人サイトfree」で募集を開始してみると、応募がポツポツと。

応募者のほとんどが女性でした。

お住まいが東京近郊の人とはオフィス近くのベローチェでお会いし、

地方在住の人とはスカイプで繋がり、業務内容を説明。

当時から応募者は、主婦やママが多かった印象です。

当時のオフィスは、オフィスと呼んでいただけでただの汚いアパート。

他のスタッフがオフィスで働くには無理がありました。

 

各々のお家にて業務開始っ(‘◇’)ゞ

 

メールやスカイプを活用し、各スタッフとやり取りをしながら納品していきます。

今となっては、これが在宅組織構築に至る原型だったのかなーと思います。
(当時は在宅組織を構築しよう!などとは1ミリも思っていませんでした)

ちなみに当時のオフィスは、取り壊しとなりもうありません。

粉々になりました笑

さようなら。春日スカイハイツ!

 

はっ!今日は3月9日。

サンキューマム!m(__)m

 

株式会社WANNAGROW
KODY(こーでぃ)

タイトルとURLをコピーしました