気になる生活をのぞき見っ!主婦の一日ってどんな感じ?

在宅で働きたい方向け

慌ただしい毎日。

「周りの主婦って一体どんな生活をしているの?」と気になってしまいませんか?

いつもは覗くことのできない『主婦の一日』に迫ってみましょう!

今回注目するのはこの3名♪

 

★A子さん(35)フルタイムで働く兼業主婦。2人のお子さんを育てるパワフルママさん。実は、将来のことを考えると不安ばかり…。

★B美さん(29)元アパレル勤務の新米ママさん。仕事への未練はないわけでは…でも、保活激戦区のため、半ば諦めモード。

★C恵さん(27)新婚で前職を寿退社したばかり。転勤族の旦那さんと共に、新天地で頑張ろうと思っているところ。子供は早く欲しい!

 

 

朝6時から!ママは大忙し~!

 

朝6時から、兼業ママと専業ママはバタバタです(汗)!

兼業ママのA子さんは起きたらすぐに朝食の準備です。ついでに、自分のお弁当も作るなんて流石ですね。

「ランチ代を節約するために“仕方なく”なんですけどね…。」

 

新米ママのB美さんは授乳のために、昼夜問わず子育てに奮闘しています。朝も早くから赤ちゃんをあやしていますね。

「睡眠時間が短いのはツラいですね。一晩でいいからぐっすり寝たいです!」

 

 

8時お見送り&出社です

 

兼業ママのA子さんは保育園にお子さんを預け、バタバタで出社しました。

「毎朝、こんな感じです~。遅刻しないように走っていますよ!」

 

新米ママのB美さんと、新婚のC恵さんは旦那さんのお見送りの時間です。それから洗濯に掃除…と、家事をこなしています。

 

新婚のC恵さんは、引っ越してきたばかりなのに、引きこもりがちだそうです。

「友達も近くにいないので、もっぱらブログを更新しています。ひとりのときは、パソコンや携帯電話を触ることが多いですね。」

 

 

12時のランチタイムは何を食べる?

 

昼休憩の兼業ママA子さんは、持参したお弁当を食べます。同僚との話題は、主に子供の教育について。

「子供のお受験の話とか聞くと…つい、お金の心配をしがちです。」

 

赤ちゃんが眠っているスキに、ササッと食事を済ませがちな新米ママのB美さん。お昼は茹でるだけの『うどん』率が高いそうです。

「いつ起きるかわからないという思いから、早食いが得意になりました(涙)」

 

時間に余裕のありそうな新婚のC恵さんのお昼は、意外にも質素です。

「昨日のご飯の残りとか、そんなものですよ~。私は今働いていないので、お金はかけられないというか…」

 

 

3時のおやつタイムは?

 

B美さんの密かな楽しみが、赤ちゃんのお昼寝に合わせた読書タイム。

「ルイボスティーとファッション誌が唯一の贅沢です。いつかは前職のアパレル業に戻りたいと思って、流行りチェックは欠かせません。まだ子供が小さいので、先の話ですけど…働きたいですね。」

 

C恵さんは、ブログの更新後にネットサーフィンで新たな情報を得るのが日課です。今はもっぱら妊活に関する情報を集めています。

「早く子供が欲しいです!夫は妊活より就活してほしいみたいですが(苦笑)」

 

 

19時、帰宅&夕食の時間です

 

兼業のA子さんは仕事を終えて、急いで保育園へお迎えに行きます。帰ったら、息つく間もなく夕食の準備です。旦那さんが帰ってくる前に、お子さんと食事を済ませ、お風呂にも入ります。

「正直、体がふたつあればいいな、と思います!あとは寝かしつけだけ。それまでに旦那が帰ってくれば良いんですけどねぇ。」

 

新米ママのB美さんも夕飯準備です。夕飯は食材宅配サービスを利用しているそう。便利なものは活用したいですよね!

「買い物に行く時間も短縮できて、本当に助かっています!」

 

新婚のC恵さんも、夕飯の支度を進めています。料理は苦手なようで、いつもネットで『夕飯 簡単』と検索した中から選んで作っています。

「料理のセンスはないです(涙)。料理上手な人に憧れます。」

 

 

22時から夫婦の時間です

 

寝かしつけが終わって、やっと自分の時間がやってきた兼業ママのA子さん。ご主人とのんびり過ごすのかと思いきや、ご主人は自室にこもりっきりです。朝が忙しいA子さんは、これから洗濯を始めます。掃除はロボット掃除機にお任せ!

「いつもこうなんです。今は旦那の趣味の時間。私も、この時間を有効活用しないと!本当は子供たちの将来のために、ちょっと働きに行きたいんですけど…旦那が残業で帰ってこないときもあるので、家は空けられないんですよね…はぁ。」

 

新米ママのB美さんは、ご主人との会話を楽しむ時間にしています。

「大人と話ができる唯一の時間なので(涙)。仕事から疲れて帰ってきているのに申し訳ないですけど、ずっと話を聞いてもらっています。『その体型じゃ、アパレル業界には戻れないよね』なんて無神経なことも言われますけど…今は彼しか話す相手がいないので、多少の暴言は我慢です!」

 

新婚のC恵さんは、やっと帰ってきたご主人と一緒に夕食の時間です。

「ネットで可愛いワンピースを買ったことを伝えたら『無駄遣いしないようにね』とぴしゃり…。一応、独身時代の貯金から払っているのになぁ。やっぱり働かないとダメかな?と悩み中です。でも、子供も欲しいので、“就職してすぐに産休”になるのでは…と、二の足を踏んでしまいます。」

 

 

23時~就寝の時間です!お疲れ様でした♪

 

朝の早い兼業ママのA子さんは、0時になるまでに寝るようにしています。

「明日も仕事ですし、0時までに寝るようにしています。限られた時間を、いかに有効活用できるかが、最大のテーマです!」

 

新米ママのB美さんは、赤ちゃんと一緒に寝てしまっていますね。授乳の時間まで寝かせてあげましょう。

 

新婚のC恵さんも、0時頃が就寝時間です。隣で眠るご主人を見て、毎晩思うことがあるそう。

「仕事で疲れている主人を見ていると、『私も働いた方がいいのかな』と思ってしまいます。でも、子供も欲しいし、転勤族の主人についていくとなると、この土地にもあと何年いるか…。こんな私でも働けるのか、正直不安です。」

 

 

主婦の共通の「悩み」がわかりました

 

3名の主婦に密着してわかったことがあります。

皆さん、『働きたい』と思い悩みながら、行動に移せずにいるようですね。兼業のA子さんも新米ママのB美さんも、お子さんがいると家を空けられない。新婚のC恵さんも、赤ちゃんを授かったりご主人の転勤だったり、簡単に働きに出ることができない。

 

皆さんも、同じような経験はありませんか?

ただ諦めるしかないのでしょうか。

 

 

答えは「NO!」です!

 

 

その悩みも『在宅ワーク』なら、全ての問題を解決してくれますよ♪家を空けることなく、どこにいたって、パソコン1つで働ける時代なのです。

育児や介護の合間でも、やる気があれば誰でもOK!地方在住・海外在住だって、同じように働くことができますよ。

また、副業として働きたい人や、本業としてガッツリ稼ぎたい人にも対応した、自分に合った仕事量が選択できるのも嬉しいですよね。

 

そして難しい知識も必要ありません。C恵さんのように、ブログが書けるなら大丈夫!そして「ファッションとか、自分の得意分野を活かしたい」というB美さんのような方も大歓迎ですよ♪

 

事前に連絡すれば、産休だって取得可能!生活環境に応じて、働き方を変えられるのも、在宅ワークの魅力のひとつです。

 

経験がなくても、文章を書くことが好きな人。趣味や特技など、誰にも負けない知識を持っている人。そして何より、在宅ワークでも責任をもって仕事をやり遂げることができる人。

 

そんなあなたは、在宅ワークに向いているはずです!

主婦の多い在宅ワークは、働きやすい環境が整っている証拠♪安心して働けますね。

 

気になったあなたは、ぜひこちらをチェックしてみてください♪

タイトルとURLをコピーしました